ステップワゴンRP3 “純正アルミホイール(16インチ) × タイヤセット” 【気質アップ】

ステップワゴンRP3  “純正アルミホイール(16インチ) × タイヤセット”
STEP WGN SPADA (DBA-RP3) 「純正アルミホイール 16 × 6J PCD114.3 5H × TURANZA ER33 205/60R16 92H」 2022年2月に納車後、同年6月中頃(約1700km走行後)に取り外しを行いましたものとなります。 燃費重視による安全運転を心がけておりますので、足周りにダメージが加わるような走行は致しておりません。 また、カーブ走行時も荷重移動による走行を心がけております。 ホイールについて 顔となります表面に目につくような傷はありませんが(コーティング剤などで消える線傷は除く)、裏面に小石の跳ねなどによる塗装の剥げが数点あります(画像での確認をお願い致します)。 4本のうちの1本のホイール裏側のハブ付近に浅い凹みがありますが、その部分の塗装の剥げが無いことから、製造時から(塗装前から)あった凹みのようです。 ホイールの走行におけるインプレッションと致しましては、歪みなどによるバタつきなどは無く、バランスなどによる抵抗や違和感も無く、純正らしい安定性と剛性を感じられるものでありました。 タイヤについて 慣らし運転とECO運転を心がけていたためか、右後輪にはイボがほぼ残っており、左後輪にもイボが部分的に残っております。 溝の深さについてですが、右前輪 = 約7.21mm、左前輪 = 約7.19mm、右後輪 = 約7.25mm、左後輪 = 約7.20mm、以上となります。(デジタルノギスにて計測) 上記についての補足と致しまして、右後輪(溝 = 約7.25mm)のトレッド面に多くのイボが残っている状態からの推測と致しまして、TURANZA ER33の溝は新品時から約7.5mm以下であると思われます。(新車装着タイヤであるため、早い段階でタイヤの性能を発揮させるため?) タイヤの走行におけるインプレッションと致しましては、ミドルクラスのタイヤであることからグリップ性能(ウェット時も含む)に問題は無く、静粛性もミドルクラスらしいものでありまして、コンフォートタイヤでありながらスポーツ寄りという性質のタイヤではないかと感じておりました。(空気圧270kPaで使用) 以上となります。 大切に扱っておりましたが、中古品であることに違いはありません。 温かいご理解とご検討を宜しくお願い致します。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ステップワゴンRP3 “純正アルミホイール(16インチ) × タイヤセット” タイヤ/ホイールセット 【気質アップ】

景気を確認するためにはさまざまな経済指標を判断材料に使います。
もちろん、みなさんの景気に対する「肌感覚」も大事です。

経済指標には、さまざまなものがある

経済指標には、その国全体の経済の大きさを測るGDP(国内総生産)がどれくらい成長しているのかが分かる「GDP成長率」や、さまざまな指標を統合した「景気動向指数」、日本銀行が企業の経営者にアンケートをとる「日銀短観」、タクシーの運転手さんやデパートの店員さんにアンケートをとる「景気ウォッチャー」などがあります。

景気を確認するには、複数の指標を判断材料にする

景気を確認するためには、複数の経済指標を判断材料にしましょう。経済指標は経済の健康診断のようなもの。健康診断でも、身長体重、レントゲン、血圧、尿検査、視力、聴力、心電図、血液検査、問診など複数の観点から健康状態をチェックし、総合的に判断します。景気も同じで、どれか1つだけ見ても、本当によい状態かどうかがわからないのです。さらに、経済指標は常に変動するので、継続的にウォッチしていく必要があります。新聞やテレビで報道されるので、その都度チェックしておきましょう。

また、意外かもしれませんが、景気に対するみなさんの「肌感覚」も大事。例えば買い物に行ったときに「今どんなものが売れているのか」とか「繁盛しているか」などの様子は感覚的に知ることができるはず。「最近、高額なモノが売れているなあ」「タクシーがつかまらない」などという場合、「みんなの給料が高くなっている」→「景気が良い」と推測することができます。

  1. ホーム
  2. タイヤ/ホイールセット
  3. ステップワゴンRP3 “純正アルミホイール(16インチ) × タイヤセット”